霧訪山の花と小鳥_2018-3rd

晴天のこどもの日に友人、知人と行ってきました。今回は、霧訪山~大芝山の巡回コースです。咲いている花の種類が前の2回の時と大きく変わっていていました。時期を少しずらすだけで何回も楽しめる山です。小鳥の囀りもたくさん聞こえました。残念ながら写真には撮れませんでしたが満足の1日でした。(2018/05/06)

クルマバソウ。満開です。群生しているので見ごたえ十分です。
クルマバソウ_180505

コナシ。葉と花のバランスがヤマザクラに似ていますね。
コナシ_180505

シハイスミレ。裏(背)が紫なのでこの呼び名があると聞きました。葉に特徴があるのでわかりやすいです。→フモトスミレかな(2018/05/07)→フイリシハイスミレが正解の様です。(2018/05/09)
シハイスミレ_180505

チゴユリ。下を向いた花に趣があります。
チゴユリ_180505

ミツバツツジ。この時期の主役です。大株もたくさんあって迫力満点です。
ミツバツツジA_180505

さながら、ミツバツツジロードといったところです。
ミツバツツジB_180505

ドウダンツツジに似た花です。名前はわかりませんが中々きれいです。
ドウダンツツジ_180505

フデリンドウ。大芝山の手前に群生していました。普段みるよりも大きくて色鮮やかな感じがしました。
フデリンドウ_180505

ラショウモンカズラ。ニリンソウとのコラボです。
ラショウモンカズラ_180505

ニリンソウ。こちらはニリンソウ単独の群生です。高度が1000mくらいなので今が満開のようです。
ニリンソウ_180505

ルイヨウボタン。同じ場所に群生していました。
ルイヨウボタン_180505

アマナ。木の根元で見つけました。
アマナ_180505

キンポウゲ科のようですが名前はわかりません。蕾を抱いているので、あと10日くらいで開花しそうです。確認に来ないといけないですね。
キンポウゲ科_180505

ヤブレガサ。こちらも群生です。
ヤブレガサ_180505

コナシ。大芝山を少し下ったところで咲いていました。ヤマザクラの大木だと思っていましたが、どうもコナシのように思います。
コナシA_180505

コナシB_180505

スポンサーサイト

高ボッチと鉢伏山

初夏のような天気のなか、高ボッチから鉢伏山まで花や小鳥を観察しながらのんびりと歩いてきました。想像よりずっと人出が少なく静かな散策を楽しむことが出来ました。(2018/05/01)

高ボッチから諏訪湖方面の眺めです。少し霞んでいますが、富士山が大きく見えます。
富士山_180501

同じく北アルプス方面の眺めです。穂高連峰と槍ヶ岳の絶景です。
穂高連峰_180501

槍ヶ岳_180501

草原状の開けた場所ではホオアカが盛んにさえずっていました。
ホオアカA_180501

ホオアカB_180501

ひょうたん池。少し下った所にあります。普段から余り人が入らない場所です。
ひょうたん池_180501

鴨が昼寝をしているみたいです。
カモ_180501

ジロボウエンゴサク。池のそばの湿ったところで見つけました。初めて見る花です。
ジロボウエンゴサクA_180501

蝶が蜜を吸っていました。
ジロボウエンゴサクB_180501

アカハラ。池のそばの樹林帯で会いました。初めて見ました。感激です。
アカハラA_180501

アカハラB_180501

スギゴケ。鉢伏山に向かう道ばたで見つけました。胞子をつけた蒴が美しいです。
スギゴケA_180501

スギゴケB_180501

ノビタキ♂。鉢伏山に入ると早速出迎えてくれました。
ノビタキ♂A_180501

ノビタキ♂B_180501

ショウジョウバカマ。咲き始めのようです。小さくでかわいいですね。
ショウジョウバカマA_180501

ショウジョウバカマB_180501



2月の蓼科山

昨日、3人で蓼科山に行ってきました。冬の山は40年ぶりでしたが、経験豊富なメンバーに連れられて無事山頂まで行ってくる事ができました。(2018/02/14)

登山口は御泉水自然園です。暫く傾斜が緩やかなシラビソの樹林帯の中を登ります。
蓼科山行A_180213

所々に野生動物の足跡があります。シカ、ネズミ、ウサギ、イタチ、etc。これはイタチの様です。→テンの誤りだった様です(2/22)
蓼科山行B_180213

途中の展望場所ですが、あいにくの天気でガスがかかっています。
蓼科山行C_180213

歩き始めて2時間ちょっとで将軍平に到着しました。蓼科山荘は屋根の近くまで雪に埋もれています。
蓼科山行D_180213

暫く、勾配がきつくなった樹林帯の中を登ります。先頭はラッセルで大変そうです。私は最後尾から必死についていきました。(こう言うのをラッセル泥棒と言うみたいです。)
蓼科山行E_180213

頂上に近づくと樹林が切れて強風が吹いています。視界が殆どありませんが、ポールを目印に歩きます。
蓼科山行F_180213

頂上に到着。歩き始めて3時間強です。とりあえずの証拠写真です。
蓼科山行G_180213

頂上近くの蓼科神社奥社に無事登頂できた事のお礼と今年の安全登山を祈願しました。
蓼科山行H_180213

蓼科山行I_180213

頂上から約2時間で登山口に到着です。今回も無事歩けたことに感謝です。
蓼科山行J_180213

森で出会った小鳥達

寒さが身にしみる季節になりましたが、久しぶりに森の散策をしながら野鳥観察をしました。(2017/12/23)

イカル。群れを作っていました。大きな黄色い嘴で木の実を砕いて食べるそうです。
イカルA_171223

イカルB_171223

イカルC_171223

シメ。ちょっとイカルと似ていますが、小柄です。カエデの実が好物のようでずっと啄んでいました。
シメA_171223

シメB_171223

シメC_171223

アカゲラ。赤いベレーボーがかわいいですね。
アカゲラA_171223

アカゲラB_171223

アオゲラ。アカゲラを観察していたら、まもなく同じ木にアオゲラがやってきました。種類は違いますが一緒に行動しているんでしょうか?
アオゲラA_171223

アオゲラB_171223

アオゲラC_171223

塩嶺の森

9月最終日の今日、快晴の塩嶺の森を散策しました。秋がだんだん深まって小鳥達のさえずりが増えたように感じます。久しぶりの探鳥でしたが、思ったより沢山の種類の小鳥に会えて満足の1日でした。(2017/09/30)

諏訪、岡谷と塩尻をつなぐ旧中山道が通っています。こんもりした木々に覆われていて落ち着いた佇まいです。
旧中山道_170930

峠の近くにある展望台からの諏訪湖方面の眺めです。八ヶ岳、富士山、南アルプスが一望できます。
展望台_170930


ルリビタキ♂。かろうじて写真を撮ることができました。ずっと探していたので、感激です。
ルリビタキ♂A_170930

ルリビタキ♂B_170930

ルリビタキ♀。近くにいました。
ルリビタキ♀A_170930

ルリビタキ♀B_170930

イカル。初めて見ました。大きな嘴ですね。
イカル_170930

ビンズイ。夏にもっと標高の高いところで見かけました。秋になって降りてきたんでしょうか?
ビンズイA_170930

ビンズイB_170930

ヤマガラ。イチイの赤い実が好物のようです。実を口にくわえて近くの藪の中を頻繁に往復していました。貯蔵しているんでしょうか?
ヤマガラA_170930

ヤマガラB_170930

コゲラ。比較的、よく見かけますが頭の動きが速いので中々写真に撮らせてくれません。
コゲラA_170930

コゲラB_170930

アカゲラ。キョッ、キョッという鳴き声がしたので木陰に身を隠し、周囲を探して見つけました。
アカゲラ_170930

モズ。あたりを見渡していました。小さいですが、猛禽類の風格がありますね。
モズA_170930

モズB_170930

プロフィール

鳥山花風

Author:鳥山花風
-若者もすなる電脳日記というものを六十路男もしてみんとてするなり。-

長野県中部在住で山野草の世話と山歩きを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問してくれた人
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR