高原の花、小鳥、虫

家から車で1時間程で、高ボッチ高原、鉢伏山、美ヶ原高原に行けます。酷暑に耐えられない時は天然クーラーを求めて時々出かけます。きれいな花、小鳥、虫達にも会えてのんびり散策するのも良いです。(2017/08/07)

美ヶ原の放牧。おなじみの風景です。
美ヶ原_0731

鉢伏山。
鉢伏山_0731

アザミ。
アザミA_0731

アザミB_0731

シュロソウ。
シュロソウ_0731

白い花。名前がわかりませんが、ラン科かユリ科の様な気がします。存在感がありますね。→ミズチドリ(ラン科)でした。教えて頂きました。
白花_0731

コオニユリ。
コオニユリ_0731

ヤナギラン。
ヤナギラン_0731

マツムシソウ。
マツムシソウ_0731

ツリガネニンジン。
ツリガネニンジン_170806

カワラナデシコ。
カワラナデシコ_170806

コガラ。
コガラ_0731

ノビタキ?。同じ場所にいたので、つがいかもしれません。
ノビタキA_0731

ノビタキB_0731

ノビタキC_0731

ホオアカ。大きな虫をくわえています。
ホオアカ_0731



スポンサーサイト

山の花に会いに行く in 蓮華岳

梅雨明け宣言後も不安定な天候が続いています。平日で天気の良い日の山行を狙っていて、やっと昨日実現できました。扇沢駅-針ノ木峠-蓮華岳の日帰り往復です。快晴というわけにはいきませんでしたが、時々青空も覗いて歩きやすく花と景色を楽しむことができました。(2017/08/05)

針ノ木雪渓。歩き始めて2時間弱で雪渓に出ました。
針ノ木雪渓_170804

雪渓のそばにニッコウキスゲやギボシ、シラネアオイが咲いています。
ニッコウキスゲ_170804

シラネアオイ_170804

涼しい風が吹き下ろしてきて、殆ど汗をかくことなく登れました。
針ノ木雪渓B_170804

シナノキンバイ。沢の源頭付近に群生していました。
シナノキンバイA_170804

シナノキンバイB_170804

約4時間で峠に着きました。針ノ木岳方面です。少し雲がかかっていますが雨の心配はなさそうです。
針ノ木岳_170804

こちらは黒部湖を挟んで剱岳方面です。
剱岳方面_170804

これから向かう蓮華岳方面です。
蓮華岳_170804

チシマキキョウ。
チシマキキョウA_170804

チシマキキョウB_170804

ミヤマキンバイ。
ミヤマキンバイ_170804

チングルマ。
チングルマA_170804

チングルマB_170804

チングルマC_170804

コマクサ。一面の群生です。
コマクサA_170804

ここの花色は薄いピンクで、先が白ですね。先日見た篭の塔山のコマクサとは大分違います。
コマクサB_170804

白花も1つみつけました。
コマクサC_170804

タカネシオガマ。
タカネシオガマA_170804

タカネシオガマB_170804

蓮華岳。針ノ木峠からここまで花に囲まれた稜線散歩を楽しみました。今日はここで、もと来たコースを引き返します。
蓮華岳頂上_170804

登山口には15時20分着で約10時間の山行を完了しました。今回も無事歩き通せたことに感謝です。

最近会った小鳥達

近くの森や川で出会った小鳥達です。(2017/07/08)

ミソサザイ。沢沿いの道を散歩していたら大きなさえずりが聞こえました。近くで聞こえるのですが中々見つけられません。やっと見つけてカメラを向けると逃げてしましまいます。木陰から覗くようにしてやっと撮らせてもらいました。
ミソサザイA_170707

大きく開いた口から舌が見えますね。
ミソサザイB_170707

頭頂の羽毛が立っているのでカシラダカでしょうか?。河原を散歩中に会いました。
カシラダカA_170707

同じ個体ですが、こちらは立っていません。ホオジロかもしれません。
カシラダカB_170707

こちらも河原を散歩中に会いました。葦の原でオオヨシキリらしきさえずりがしきりに聞こえます。その近くの梢にいたので、オオヨシキリだと思うのですが...。
オオヨシキリ_170707

7/9追加。ウグイス。声はすれども姿は見えずでしたが、草の影から撮らせてもらいました。
ウグイスA_170709

図鑑で見る姿や色と違うように見えるのですが、声と口の動きが同期していたので間違いないと思います。
ウグイスB_170709

初夏の高ボッチ山

高ボッチ山は美ヶ原の南に位置する高原状の山です。標高1665mですが大きな木はなく草原が広がっています。レンゲツツジを見に行きましたが、沢山の野鳥にも会うことができました。(2017/06/29)

レンゲツツジが草原の中に点々と咲いています。
鷹ボッチA_170629

鷹ボッチB_170629

1部が牛の放牧場になっています。天気が良いので気持ちよさそうです。
鷹ボッチC_170629

ホオアカが枝の先で盛んにさえずっています。縄張りを主張しているんでしょうか?
ホオアカA_170629

巣作りをしているみたいですね。
ホオアカB_170629

こちらは♂でしょうか。羽の色が違います。
ホオアカC_170629

モズもいました。
モズ_170629

背の高い木の生えているところではウグイスが盛んにさえずっていました。木の枝の中を探していて中々見つけられなかったのですが、てっぺんにいました。
ウグイスA_170629

ウグイスB_170629

ウグイスC_170629

新緑の島々谷

島々宿から徳本峠に通じる島々谷を歩いてきました。ここからは徳本峠を超えて上高地まで行く方が多いですが、私は無理をしないで行けるところまで行って引き返すことにしました。野鳥と花と変化に富んだ森の景色を楽しむ事ができました。(2017/06/18)

登山口を入ると暫く車も通れるような広い道が続きます。新緑の木漏れ日のトンネルは気持ちが良いです。
森_170617

鳥のさえずりが聞こえると思って目をこらすとオオルリでした。今年は3回目の出会いですがいつ見ても美しいです。
オオルリ♂B_171617

大きな虫をくわえていました。子育て中かもしれませんね。
オオルリ♂A_171617

近くにメスがいました。夫婦に違いありません。この森にはオオルリが沢山営巣しているようで、このような光景に何度も出会いました。
オオルリ♀A_171617

オオルリ♀B_171617

二股を過ぎると登山道らしくなり、沢のすぐ近くを歩きます。
沢_170617

藪からティラノザウルスが顔を出しています。
ティラノザウルス_170617

今度は木の根元から大きな熊が出てきました。
クマ_170617

草地の中にラショウモンカズラが咲いていました。
ラショウモンカズラ_170617

苔むした場所には、先週桜平でみたコミヤマカタバミが群生していました。
コミヤマカタバミ_171617

岩場にはカラマツソウが咲いていました。
カラマツソウA_171617

カラマツソウ_171617

キセキレイが梢で盛んにさえずっています。近くに営巣しているんでしょうか?
キセキレイ_170617

岩魚止小屋に着いたら12時を回ってしまいました。登山口から11.5Kmです。今日はここで引き返すことにします。現在は営業していませんが、再開してほしいですね。
岩魚止小屋_171617

登山口に戻ってきたら、橋のワイヤーにオオルリが大きな声でさえずっていました。もしかしたらまだ相手が見つからないでいるのかもしれません。
オオルリ♂C_171617

プロフィール

鳥山花風

Author:鳥山花風
-若者もすなる電脳日記というものを六十路男もしてみんとてするなり。-

長野県中部在住で山野草の世話と山歩きを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問してくれた人
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR