シラネアオイの姿、いとめでたし

冬囲いから最初に出したシラネアオイの芽だしが進んでいます。開花した時も良いですが、この時期のうっすらと紫がかった蕾を抱いた姿も捨てがたい魅力を感じます。(2013/03/28)

シラネアオイの芽だしの頃、衣のそでにて顔うちかくすすがたににて、いとめでたし。
シラネアオイ

スポンサーサイト

一年の計は春先の植え替えにあり。

山野草の棚を少し拡張しました。日当たりを好む植物用と日陰を好む植物用の2箇所作ってあります。早速冬囲いから掘り出して棚に並べました。これから植え替え作業をやろうと思いますが、手始めにイワチドリをやりました。(2015/03/22)

日当たりを好む植物用です。少し拡張しました。
作場_日当り

日陰を好む植物用です。5月中旬頃から寒冷沙をかけて日差しを和らげます。
作場_日陰

堀り上げたイワチドリの球根です。冬越しは成功したようです。5月中旬の開花が楽しみです。
イワチドリ球根

すぷりんぐ はず かむ。 うぃんたぁ はず ご~ん。

暖かい日が続き信州にも春が到来したようです。 庭の雪割草とクリスマスローズも咲き始めました。そろそろ冬囲いの山野草を出したいのですが棚が手狭になってしまったので明日は棚つくりです。 冬の間にやっておけば良かったぁ~。(2015/03/20)

予想通りの開花時期でした。
雪割草_開花

クリスマスローズです。今年も咲いてくれました。
Xmas.jpg

暑さ寒さも彼岸まで

昨日の最高気温はなんと24℃でした。そろそろ、山野草を冬囲いから出す時期が近づいてきました。試しに一鉢(シラネアオイ)堀上げてみたら、新芽が僅かに出ていました。今週末から堀出し、植え替え作業にかかろうと思います。楽しみな時期です。(2015/03/18)

発砲スチロールブロックの冬囲いの様子です。試掘の跡はシラネアオイです。
冬囲い

いい仕事してますね。(かね?)

久しぶりに植木鉢を作ってみました。材料は新聞紙とセメントで、魔法の植木鉢と呼ばれています。出来栄えはどうでしょうか?
先日紹介した常念焼には敵いませんが、自然石の雰囲気が少しはでたかな? (2015/03/13)

平鉢です。底面側をもっと削ったほうがいいあかなぁ~
鉢A

丸鉢です。縁の処理をもう少し滑らかにしようかなぁ~
鉢B

雪割草は今年も咲いてくれそうです。

最近は毎日、草花に変化(芽だし)がないかを見て回っていますが、中々見つかりません。しかし、今日、庭植えの雪割草の蕾がピンク色になっているのを見つけました。
確か昨年の開花が3/20頃でしたので、今年も同じみたいです。(2015/03/07)

手入れは殆どしていませんが、今年も咲いてくれそうです。
雪割草

秘境駅は正に秘境でした

昨日、念願の小和田駅に行ってきました。秘境駅ランキングの堂々の3位です。飯田線にはこの他にも数駅がランキングに入っていますが時間が無いので車窓から眺めるだけにしました。(2015/03/01)

家を8時30分に出て、13:40小和田駅に下車。もちろん降車した人は私だけ。電車を見送って、”いざ探検”
下車

駅舎はなかなか歴史を感じる趣にある建物です。
小和田駅

帰りの電車まで2時間半。まずは駅周辺を探検です。最初の発見はダイハツミゼット号。なつかしい~
小さい身体で急峻な山道をがんばったんでしょうね。安らかのお休み下さい。思わず合掌。
ミゼット号

山道を20分程行くと1軒屋です。おばあさんが一人暮らしとの事です。失礼にならないように木陰からパチリ。
数件の集落はここから40分ほどのところだそうですが、今日はここまでにしました。
一軒屋

天竜川の川沿いの散策、神社や廃屋の探検、鳥や植物の観察、駅舎の記録帳を見たりしてあっという間に2時間半。
全く人に会うことなく夕暮れ間近の電車に乗って帰宅の途につきました。 満足の一日でした。
乗車


プロフィール

鳥山花風

Author:鳥山花風
-若者もすなる電脳日記というものを六十路男もしてみんとてするなり。-

長野県中部在住で山野草の世話と山歩きを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問してくれた人
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR