キタダケソウを求めて

キタダケソウを見に北岳に行ってきました。例年より二週間くらい開花が早いそうです。北岳登山口の広河原へのバス運行が6/25からでしたが、天候の回復を待って、6/26、6/27の二日をかけて行ってきました。おかげさまで、キタダケソウをはじめとして沢山の花々と南アルプスの雄大な山々を満喫してきました。(2016/6/27)

北岳。大樺沢からの眺めです。雪渓の白と真っ青な空に北岳バットレスの威容がひきたちます。ワンポイントで半月も出ています。
160627_北岳_大樺沢

北岳。こちらは肩の小屋を少し下った所からの眺めです。どっしりした山容は南アルプスの盟主にふさわしいですね。
160627_北岳_小太郎尾根

富士山。いつ、どこで見ても美しいですね。
160627_富士山

間ノ岳。モルゲンロートです。僅かの時間で色が変化します。
160627_間ノ岳

キタダケソウ。登山口から遙々4時間かけてのご対面です。八本歯のコルから北岳山荘へのトラバース道の周辺に咲いています。満開時期は過ぎているようですが、まだ沢山咲いていてくれました。この花を目当ての登山客が相当いました。何しろ北岳でこの時期にしか見られないんですから。
160627_北岳草A

キタダケソウ。霧に濡れて、透き通って見えます。サンカヨウに似ていますね。
160627_北岳草B

ハクサンイチゲ。キタダケソウにちょっと似ています。こちらは、キタダケソウよりずっと分布が広いです。開花時期は今が一番良いときかもしれません。
160627_ハクサンイチゲ

クロユリ。落ち着いた色と姿に気品を感じます。
160627_クロユリ

ミヤマキンバイ。鮮やかな黄色が目を引きます。
160627_ミヤマキンバイ

スポンサーサイト

里山のササユリ

近くの里山(山形村)でササユリを見てきました。数年前から、村の取り組みで保護活動をしているようです。以前はあまり見ることができなかったのですが、今年は沢山見ることができました。保護活動の成果が出たのでしょうか? ササユリ好きにとっては嬉しい限りです。(2016/06/24)

ササユリ。車道の近くで沢山見ることができました。淡いピンクから濃いめのピンクまで、色も豊富です。
ササユリA_160624

ササユリB_160624

ササユリC_160624

ササユリD_160624

エゾスズラン(?)。 カキランに似ていますが、何だろうとずっと思っていました。図鑑で調べましたが、生育場所や姿の特徴からエゾスズランではないかと思っています。あと一週間くらいで花が咲きそうなんで、その頃に叉、観察にこようと思っています。
エゾスズラン_160624

クモキリソウ。木の根元に沢山生えていたんですが、その木が朽ちて倒れてしまったので、かろうじて二株だけ確認できました。このまま成長して増えていってくれることを願っています。
クモキリソウ_160624

猿。昨年からこの時期に現れるようになりました。人に対する警戒心が強く、昨年はボス猿に威嚇され、ちょっと怖い思いをしましたが、今年は大丈夫でした。
猿_160624

初夏の花

6月も半ばになると暑い日が続きます。そろそろ、夏の花が咲き始めました。(2016/06/17)

カキラン。鉢植えです。五年目になりますが、毎年少しずつですが株が増えています。
カキラン_160617

ウチョウラン。以前、イワチドリと同じ方法で冬越しをして失敗しました。秋に球根を掘って、湿ったミズゴケに来るんで冷蔵庫の野菜庫で保存したのですが、その多くが腐ってしまいました。今年は、鉢植えのまま室内で保存したところ、問題なく冬越しできました。
ウチョウラン_160617

センジュガンピ。昨秋に鉢植えからハナミズキのそばに庭植えしましたが、問題なかったようです。梅雨時に涼しげな姿が美しいです。
センジュガンピ_160617

紀州産ササユリ。他のササユリより一週間ほど遅い開花です。2つ咲きましたが、ピンクの濃さがずいぶん違います。去年は球根を生育させたかったので種を取らなかったのですが、今年はとってみようと思います。
紀州産ササユリ_160617

ご近所のササユリ

ご近所のササユリ名人のお宅に見学に行ってきました。このお宅の庭をみて、自分も庭でササユリを咲かせてみたいと思ったのですが、どうもうまくいきません。庭で、元気に庭で育っている様子をみて、その秘訣を伺ってきました。1つは、庭の基礎(囲いと土)にあるようです。今年の秋の植え替え時に試してみたいと思います。(2016/06/11)

神領ユリ。四国の一部にしか生育していない希少種です。細葉とピンクが普通のササユリより高貴な感じがします。
神領ユリ_20160611

ササユリ_白。白に見えますが、もしかしたら咲き始めはもう少し、ピンクが濃かったかもしれません。
ササユリ_白株_20160611

ササユリ_白_20160611

ササユリ_薄紅。淡いピンク色です・
ササユリ_薄紅_20160611
こちらは蕾です。
ササユリ_蕾_20160611

ササユリ_紅。まだ蕾ですが、濃い目のピンク色です。
ササユリ_紅蕾_20160611

種から育てたササユリ

待ちに待ったササユリが開花しました。2011年11月に種蒔きしてから5年目です。今まで開花球根を何度か購入して育てましたが、最長でも3年で絶えてしまいました。ですので、種から開花まで育てるのは難しいだろうと思っていました。日常の管理はアブラムシがついていないかどうかチェックするくらいで、特別手を加えることなく育ってくれました。嬉しくもあり、ちょっと不思議な感じです。(2016/06/08)

記念すべき開花第1号。3日前に開花しました。百合特有の良い香りを漂わせています。鉢はPL製のプランタです。
ササユリ1_20160608

発泡スチロール箱に植えた株。8つの花をつけてくれました。
ササユリ3_20160608

ササユリ2_20160608

その他の株。これも一緒の時期に種を蒔いた株です。カウントしたところ、開花株=9、茎立株=42、子葉株=42でした。成長の差が随分ありますが、どれだけ開花まで育ってくれるか楽しみでもあり心配でもあります。
ササユリ4_20160608

庭に植えた株。昨年11月に実験的に庭に1球だけ植えたのですが、発芽しませんでした。すぐそばに2球植えたヒメサユリは2球とも開花しました。本当は庭で咲かせたいのですが、難しいですね。
ササユリ5_20160608

庭に植えたヒメサユリ。こちらは5月20日頃咲いてくれました。ササユリとヒメサユリは近縁種ということですが、同じ方法では駄目のようです。
ヒメサユリ_20160608

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR