FC2ブログ

酷暑対策

全国的に酷暑が続いていますが、信州も例外ではありません。今まではクーラー無しで過ごせたのですが、今年は設置を検討しました。しかし、9月半ばまで設置工事が出来ないとの事で断念しました。山野草も今まで通りの管理で良いか気になっています。先ずは、鉢の種類による用土温度上昇抑止効果の比較をしました。(2018/08/06)

松本平の7月から昨日までの気温です。35℃の猛暑日が殆どです。救いは、25℃越の熱帯夜が少ない事ですが、さすがに老体には堪えます。
TEMP_2018.jpg

以前、紹介しましたが。新聞紙とセメントを原料にした「魔法の鉢」です。これを、24時間水につけて水分を含ませて試しました。
魔法の鉢

この他に、プラ鉢、素焼鉢を試しました。素焼鉢も24時間水につけました。各鉢に同量の山野草用土を入れて、たっぶり灌水して寒冷紗で覆った山野草棚に並べて、周囲温度、用土温度を測定しました。
計測

2日間の測定結果です。「魔法の鉢」は非常に良い成績です。素焼鉢はプラ鉢と余り差違がありません。
用土の温度

考察。鉢に含まれる水分量と用土温度上昇を抑える効果に相関がありそうです。含水量は、
魔法の鉢=455cc(開始時), 75cc (24H後), 28cc(48H後)
素焼鉢=10cc (開始時), 0cc(24H後)
プラ鉢=0cc(開始時)
魔法の鉢の効果は解りましたが、含水量を如何に保持するかが課題です。余り手間をかけずに出来る方法を考えたいです。

****** 鉢の含水量を保持する方法 2018/08/15 ******

鉢の改良をしました。灌水時に用土だけで無く鉢にも水分が含まれるようにするために鉢の縁に穴を開けました。
鉢_180815

実験結果です。灌水は1日1回18時に行いました。含水量測定は灌水の直前に行いました。まずまずの結果です。現在、種蒔きから2年目のヒメサユリが発芽していますが、この鉢で育てようと思っています。
グラフ_180815
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳥山花風

Author:鳥山花風
-若者もすなる電脳日記というものを六十路男もしてみんとてするなり。-

長野県中部在住で山野草の世話と山歩きを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問してくれた人
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR