山野草の冬囲い

今年の11月は記録的な暖かさだったようです。昨年より2週間遅れで鉢物の冬囲いをしました。(2015/12/06)

地上部のある鉢物。家の南側のスペースに風除けの壁を作って、植木鉢を隙間無く並べました。しばらくはこのままにしておきますが、氷点下の日が続くようになったら霜よけ用不織布で覆うつもりです。
冬囲い_4

地上部の無い鉢物_1。発砲スチロールのブロックで囲ったところに腐葉土を敷き詰め、その中に鉢を首元まで埋めました。
冬囲い_1

地上部の無い鉢物_2。次に、鉢の上面に唐松の落ち葉を満遍なく敷き詰めます。
冬囲い_2

地上部の無い鉢物_3。最後に唐松の落ち葉が風で吹き飛ばないようにヨシヅで覆います。このまま、春の彼岸頃まで休眠です。昨年、この方法でうまく冬越しできたのですが、果たして今年はどうでしょう?結果がわかるのは4ヶ月後です。
冬囲い_3
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳥山花風

Author:鳥山花風
-若者もすなる電脳日記というものを六十路男もしてみんとてするなり。-

長野県中部在住で山野草の世話と山歩きを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問してくれた人
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR