ササユリの移植 in 蓼科

先週掘りあげたササユリを蓼科に移植してきました。ササユリにとって非常に良い環境だと感じましたが、標高が1600m近くあるのがちょっと気がかりです。私が行ったことのあるササユリの自生地の標高は、どこも1200m前後でした。順調に育てば、来年の5月下旬に発芽する筈です。期待と不安が半々といったところです(2016/10/14)

蓼科の森。白樺と笹の森です。適度に日が差し、地表は背の低い笹に覆われているのでササユリの生育には適しているように感じました。
蓼科の森_161014

土壌検査。PH=6.8の弱酸性です。これもササユリにとって申し分無い値です。
ササユリ移植A_161014

移植その1。用意したササユリポットが余裕で入るように穴を掘りました。木の根を取り除き周囲の土を柔らかくほぐします。
ササユリ移植B_161014

移植その2。ササユリの入ったポットを穴に入れます。
ササユリ移植C_161014

移植その3。土を被せ目印の棒を立てました。全部で8個を移植をしましたが、リスク分散をするため、少しずつ環境の違うところに植えました。
ササユリ移植D_161014
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR