冬囲い

今年も昨年とほぼ同時期に山野草の冬囲いをしました。方法は、この3年間やっている方法と同じです。鉢の置き場作り、枯れ葉の整理、汚れた鉢の水洗い等々で結構重労働でしたが、冬越しの成否がかかっているので手抜きはできません。(2016/12/06)

発泡ブロックで囲った腐葉土の中に鉢を埋めます。地上部が枯れて全く無くなった鉢を選びました。
冬囲_A

鉢の上に唐松の葉を薄く敷きつめます。
冬囲_B

最後に、唐松の葉が風で飛ばないようにヨシズで覆いました。来春の彼岸までこのままです。温度と湿度が一定に保たれる様にと考えた方法ですが、今回もうまくいきますように。
冬囲_C

地上部の残っている鉢は不織布で覆ったり、発泡スチロールの箱に入れたりして棚の上に並べました。
冬囲_D

両サイドに透明波板で作った風よけをつけました。これは今年からです。昨年、生育の良くない鉢がいくつかあったので、その対策です。効果があると良いのですが。
冬囲_E

イネ科や木は地面に置いて、周囲を石やブロックで囲いました。暫くこのままですが、様子をみて不織布で覆うつもりです。
冬囲_F
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR