奈良井川で探鳥(その2)

先日に引き続き、奈良井川で探鳥を楽しんで来ました。日差しが強くなったせいか、鳥のさえずりが増したようです。でも、相変わらず姿を見つけるのに苦労しています。それと、ヤマドリかキジ だと思いますが、数メートル先の藪から急に大きな羽音を立てて飛び立ってビックリししたことが何度もあります。野鳥観察はなかなか奥が深いなぁと実感しています。(2017/02/12)

キジバト。家の周辺でもよく見かけます。
キジバト_170212

ホオジロだと思いますが、頭頂の羽毛が立っているので、もしかしたらカシラダカかも? 正解=カシラダカでした。
ホオジロ_170212

アオゲラのメスだと思います。ヤマゲラも似た色をしていますが、生息地は北海道だということなんで間違いないと思います。
アオゲラ_170212

アオゲラB_170212

キツツキ類のつついた痕を見つけました。この木の近くで待っているといいかもしれませんね。この付近でコゲラ、アカゲラ、アオゲラを見ましたが、なかなかピントが合った写真が撮れないです。
サクラノキ_170212

セグロセキレイ。尾羽を上下にせわしなく動かして餌を探しています。 正解=ハクセキレイでした。
セグロセキレイB_170212

スズメ。人家の周りには多いですが、ここではあまり見かけません。
スズメ_170212

ムクドリだと思います。信州人は江戸時代にはムクドリと言われたそうですね。冬になると大勢の人が江戸に移動したんでしょう。
ムクドリ_170212

カワラヒワでしょか。嘴が太く、風切りが黄色いのでそうだとおもうんですが..
カワラヒワA_170212

カワラヒワB_170212

アトリかな? 正解=ショウビタキ♀でした。
アトリ_170212

シジュウカラ。これはあっていると思います。
シジュウカラA_170212

シジュウカラB_170212

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳥山花風

Author:鳥山花風
-若者もすなる電脳日記というものを六十路男もしてみんとてするなり。-

長野県中部在住で山野草の世話と山歩きを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問してくれた人
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR