霧訪山の花と小鳥_2018-4th

先週行って気になっていた大芝山の花を見に行きました。今回は目的の場所に最短で行ける善知鳥峠登山口から入りました。目的の花は見られませんでしたが、思ってもいなかった花に出会えました。(2018/05/11)

分水嶺になっている尾根道を上ります。左が太平洋、右が日本海です。
分水嶺尾根_180511

ササユリ。登山口から少し入ったところで見つけました。蕾がついています。
ササユリ_180511

エゾノタチツボスミレ。背の高いスミレなので判別しやすいです。
エゾノタチツドスミレ_180511

アケボノスミレ。こちらは葉の展開前から花が咲くのでわかりやすいです。その他にも数種類のスミレに出会いましたが、名前が解りませんでした。これから少し、スミレを勉強しようと思っているところです。
アケボノスミレ_180511

ヤマツツジ。こちら側はヤマツツジが殆どです。綺麗な蝶が蜜を吸いにきていました。
ヤマツツジ_180511

イカリソウ。沢山咲いていました。先週行ったコースでは見かけませんでした。
イカリソウA_180511

イカリソウB_180511

チゴユリ。ひっそりと咲いています。
チゴユリ_180511

ラショウモンカズラ。そろそろ、終わりに近づいていますが遠くからでも青が綺麗です。
ラショウモンカズラA_180511

ラショウモンカズラB_180511

バイケイソウの仲間だと思いますが良くわかりません。コバイケイソウはこんな所に無いはずですし。
バイケイソウA_180511

バイケイソウB_180511

先週来て気になっていた植物です。蕾を抱いていると思っていましたが、勘違いでした。残念。
UNKNOWNC_180511.jpg

その代わり、不思議な植物を見つけました。小さな花がビッシリとついています。寄生植物のようですが名前が解りません。→ヤマウツボという名前の寄生植物の様です。(2018/06/03)
UNKNOWNA_180511.jpg

UNKNOWNB_180511.jpg



霧訪山の花と小鳥_2018-2nd

今日は頂上まで行ってきました。咲いている花を見ると季節の進み方が昨年より10日位早いように思います。(2018/04/21)

クルマバソウの群生ですが、花はまだ咲いていませんでした。花の時期は必見ですね。
クルマバソウ_180421

たまらずの池。登山口手前にある池です。新緑が美しいです。
タマラズの池_180421

ミヤマカタバミ。芽が出始めました。まだ葉も花も小さいですが、最盛期にはずっと大きくなって見応えがあります。
ミヤマカタバミA_180421

ミヤマカタバミB_180421

ミツバツツジ。殆どの株はまだ蕾でしたが、下の方は少し咲き始めていました。優しい色合いが好きです。
ミツバツツジA_180421

ミツバツツジB_180421

イワウチワ。最盛期は少し過ぎた様です。中腹より少し上に群生しているのですが、この花を目当てに沢山の方が登ってきました。
イワウチワA_180421

イワウチワB_180421

カタクリ。イワウチワより更に上に行ったところに群生地があります。最盛期はこれからですが、咲いている株もいくつかありました。写真には撮れませんでしたが、姫ギフチョウが蜜を吸いに飛び回っていました。
カタクリ_180421

頂上の展望です。穂高連峰、槍ヶ岳方面が綺麗に見えました。
北アルプスA_180421

北アルプスB_180421

南アルプス方面は光線の関係ではっきり見えませんが、甲斐駒ヶ岳、北岳ははっきり認識できます。
南アルプス_180421

コゲラ。いつも忙しそうに餌を探しています。
コゲラ_180421


霧訪山の花と小鳥_2018-1st

霧訪山に行ってきました。といっても登山口までです。カタクリやニリンソウをはじめとして春の花が沢山咲いていました。叉、名前は解りませんが、夏鳥と思われる囀りも沢山聞こえました。自宅の近くなので、これからちょくちょく出かけようと思っています。というわけで、タイトルを ****-1st にしました。(2018/04/16)

カタクリ。登山道の上部に群生地があり4月下旬が見頃と思いますが、ここはほぼ満開でした。
カタクリA_180416

カタクリB_180416

ニリンソウ。もう暫く楽しめそうです。
ニリンソウA_180416

ニリンソウB_180416

ヤマエンゴサク。透明感のある青が綺麗です。
ヤマエンゴサクA_180416

ヤマエンゴサクB_180416

アズマイチゲ。満開の時期は既に過ぎているようですが、数株見つけることが出来ました。
アズマイチゲA_180416

アズマイチゲB_180416

ネコノメソウ。群生すると見応えがあります。
ネコノメソウA_180416

ネコノメソウB_180416

ヤマワサビ。瑞々しい葉の色も綺麗です。
ヤマワサビ_180416

ワチガイソウ。咲き始めのようでした。
ワチガイソウA_180416

エンレイソウ。こちらも、本番はこれからのようです。
エンレイソウA_180416

ハシリドコロ。毒草との事です。
ハシリドコロ_180416

キブシ。見事な花房です。
キブシ_180416

ミヤマキケマン。ヤマエンゴサクを黄色にしたような花ですね。
ミヤマキケマン_180416

小鳥たち。名前は解りませんが、かわいいですね。
小鳥A_180416

小鳥B_180416

小鳥C_180416

小鳥D_180416





蓼科の森

今日、やっと蓼科の森に山野草を植えることができました。本当は10月中にやりたかったのですが、ぐずついた天候の為に遅れて実施です。(2017/11/02)

蓼科の森。落葉が始まっています。標高1600mですので、降雪ももうすぐだと思います。
蓼科の森_171102

シラネアオイとヤマシャクヤク。種から育てたヤマシャクヤクと株分けしたシラネアオイです。春先は日当たりが良く、夏場は木漏れ日がさす様な場所を選んで植えました。
シラネアオイとヤマシャクヤク_171102

昨年はササユリの球根を8個植えましたが、発芽は3個でした。成績が芳しくないので、今年は種蒔きをしてみました。収穫したササユリの種です。
ササユリA_171102

プラポットを並べ、鉢底に軽石を敷きました。
ササユリB_171102

土は周辺から集めた腐葉土を使います。種を重ならないように蒔きました。この上に薄く腐葉土をかけました。
ササユリC_171102

もう一カ所は、直播しました。落ち葉を取り除き、種を蒔いた上に薄く腐葉土をかけました。うまくいけば、再来年の春に発芽し、それから4~5年後に開花です。気の長い話ですが、楽しみの種を蒔いたと思っています。
ササユリD_171102



9月の高ボッチ

久しぶりの好天で高ボッチ高原を散策してきました。1600mの高原は一足先に秋が訪れているようです。(2017/09/09)

初秋の高ボッチ高原。澄んだ青空にススキが美しいです。
高ボッチ高原_170909

ススキ_170909

ヤマトリカブト。濃い青色が遠くからでも目立ちます。
ヤマトリカブト_170909

ヤマラッキョウ。地味な花ですが、秋を感じさせてくれます。
ヤマラッキョウ_170909

ヤマハハコ。花期がが長いせいかよく見かけます。
ヤマハハコ_170909

アキノキリンソウ。秋の草原の主役ですね。
アキノキリンソウ_170909

ウメバチソウ。清楚な姿が美しいです。
ウメバチソウ_170909

ノコンギク。アサギマダラがこれからの大旅行に備えて栄養補給でしょうか?
ノコンギク_170909

ホオアカ。チッチッチというさえずりで今日も出迎えてくれました。
ホオアカA_170909

ホオアカB_170909

モズ。ホオアカより用心深い様です。少しだけ木陰から姿を見せてくれました。
モズ_170909
プロフィール

鳥山花風

Author:鳥山花風
-若者もすなる電脳日記というものを六十路男もしてみんとてするなり。-

長野県中部在住で山野草の世話と山歩きを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問してくれた人
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR