10月の花

最近の朝の気温は一桁が続いています。秋の花がだんだん賑やかになってきました。(2017/10/01)

キイジョウロ。葉焼けに注意したのですが、1/3がやられてしまいました。鉢が重いので移動をサボってしまったせいです。反省。
キイジョウロ_171001

チャボホトトギス。我が家に来てから10年くらい経つと思いますが殆ど大きさも変わらず毎年花を咲かせます。
チャボホトトギス_171001

タカクマホトトギス。二鉢ありますが、1週間くらい開花に差がありました。遅い方の鉢はまだ咲いています。
タカクマホトトギス_171001

イワシャジン。少し葉焼けを起こしてしまいましたが沢山の蕾をつけてくれました。
イワシャジン_171001

ホウオウシャジン。イワシャジンより早く開花しますが、まだ花があります。深い青色が良いですね。
ホウオウシャジン_171001

ダイモンジソウ。いろいろな種類があるのでこれから11月まで楽しませてくれます。
ダイモンジソウ_171001

ヒダカミセバヤ。自作鉢に植えて数年経ちますが、沢山花をつけてくれました。
ヒダカミセバヤ_171001

ベニチガヤ。だんだん赤みが増してきました。
ベニチガヤ_171001

ベニアシ。こちらは根元が赤くなる筈ですが、まだのようです。
ベニアシ_171001

塩嶺の森

9月最終日の今日、快晴の塩嶺の森を散策しました。秋がだんだん深まって小鳥達のさえずりが増えたように感じます。久しぶりの探鳥でしたが、思ったより沢山の種類の小鳥に会えて満足の1日でした。(2017/09/30)

諏訪、岡谷と塩尻をつなぐ旧中山道が通っています。こんもりした木々に覆われていて落ち着いた佇まいです。
旧中山道_170930

峠の近くにある展望台からの諏訪湖方面の眺めです。八ヶ岳、富士山、南アルプスが一望できます。
展望台_170930


ルリビタキ♂。かろうじて写真を撮ることができました。ずっと探していたので、感激です。
ルリビタキ♂A_170930

ルリビタキ♂B_170930

ルリビタキ♀。近くにいました。
ルリビタキ♀A_170930

ルリビタキ♀B_170930

イカル。初めて見ました。大きな嘴ですね。
イカル_170930

ビンズイ。夏にもっと標高の高いところで見かけました。秋になって降りてきたんでしょうか?
ビンズイA_170930

ビンズイB_170930

ヤマガラ。イチイの赤い実が好物のようです。実を口にくわえて近くの藪の中を頻繁に往復していました。貯蔵しているんでしょうか?
ヤマガラA_170930

ヤマガラB_170930

コゲラ。比較的、よく見かけますが頭の動きが速いので中々写真に撮らせてくれません。
コゲラA_170930

コゲラB_170930

アカゲラ。キョッ、キョッという鳴き声がしたので木陰に身を隠し、周囲を探して見つけました。
アカゲラ_170930

モズ。あたりを見渡していました。小さいですが、猛禽類の風格がありますね。
モズA_170930

モズB_170930

秋の花咲き始めました_2017

彼岸に入り、秋の空気に入れ替わった感じがします。我が家の山野草も秋の花が咲き始めました。(2017/09/21)

カラフトミセバヤ。軽石鉢に植えて数年経ちます。ミセバヤの仲間で最初に咲き始めます。
カラフトミセバヤ_170921

ヒダカミセバヤ。溶岩石の鉢に植えて、こちらも数年経ちますが毎年沢山の花をつけてくれます。
ヒダカミセバヤ_170921

シロバナホトトギス。ツメレンゲの鉢に飛び込みです。
シロバナホトトギスA_170921

こちらは地面に生えていますが、こちらもこぼれ種から生長しました。
シロバナホトトギスB_170921

タカクマホトトギス。葉焼けしやすいので、直射日光を避けるように注意しました。おかげで沢山の花をつけてくれました。
タカクマホトトギス_170921

ホウオウシャジン。イワヒバと相性が良いようで、他の鉢より成長が早いように思われます。
ホウオウシャジン_170921

こちらは、昨秋に種蒔きしたものです。もしかしたら、1年後に花をつけてくれるかな。楽しみです。
ホウオウシャジンB_170921

ナンバンギセル。今春にヤクシマススキの根に種をすり込むようにしておきました。数本が出て花をつけてくれました。
ナンバンギセル_170921

チシマキンバイ。2年前の秋に種蒔きしましたが、窮屈そうだったので植え替えしました。
チシマキンバイA_170921

来春に花をつけてくれるかな?
チシマキンバイB_170921

9月の高ボッチ

久しぶりの好天で高ボッチ高原を散策してきました。1600mの高原は一足先に秋が訪れているようです。(2017/09/09)

初秋の高ボッチ高原。澄んだ青空にススキが美しいです。
高ボッチ高原_170909

ススキ_170909

ヤマトリカブト。濃い青色が遠くからでも目立ちます。
ヤマトリカブト_170909

ヤマラッキョウ。地味な花ですが、秋を感じさせてくれます。
ヤマラッキョウ_170909

ヤマハハコ。花期がが長いせいかよく見かけます。
ヤマハハコ_170909

アキノキリンソウ。秋の草原の主役ですね。
アキノキリンソウ_170909

ウメバチソウ。清楚な姿が美しいです。
ウメバチソウ_170909

ノコンギク。アサギマダラがこれからの大旅行に備えて栄養補給でしょうか?
ノコンギク_170909

ホオアカ。チッチッチというさえずりで今日も出迎えてくれました。
ホオアカA_170909

ホオアカB_170909

モズ。ホオアカより用心深い様です。少しだけ木陰から姿を見せてくれました。
モズ_170909

高原の花、小鳥、虫

家から車で1時間程で、高ボッチ高原、鉢伏山、美ヶ原高原に行けます。酷暑に耐えられない時は天然クーラーを求めて時々出かけます。きれいな花、小鳥、虫達にも会えてのんびり散策するのも良いです。(2017/08/07)

美ヶ原の放牧。おなじみの風景です。
美ヶ原_0731

鉢伏山。
鉢伏山_0731

アザミ。
アザミA_0731

アザミB_0731

シュロソウ。
シュロソウ_0731

白い花。名前がわかりませんが、ラン科かユリ科の様な気がします。存在感がありますね。→ミズチドリ(ラン科)でした。教えて頂きました。
白花_0731

コオニユリ。
コオニユリ_0731

ヤナギラン。
ヤナギラン_0731

マツムシソウ。
マツムシソウ_0731

ツリガネニンジン。
ツリガネニンジン_170806

カワラナデシコ。
カワラナデシコ_170806

コガラ。
コガラ_0731

ノビタキ?。同じ場所にいたので、つがいかもしれません。
ノビタキA_0731

ノビタキB_0731

ノビタキC_0731

ホオアカ。大きな虫をくわえています。
ホオアカ_0731



プロフィール

鳥山花風

Author:鳥山花風
-若者もすなる電脳日記というものを六十路男もしてみんとてするなり。-

長野県中部在住で山野草の世話と山歩きを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問してくれた人
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR